スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子のこと
息子が不登校で私の実家に移り住んで転校してから3ヶ月とちょっとが経ちました。

最初は友達が家に遊びに来てくれたりして、喜んでいたのですが、その友達は息子と遊びたくて来ていたのではなかったのです。
息子からお金をせびるために来ていたのです。それでも息子は友達と遊びたくて、お金を渡していました。
その金額が大きくなってきて、さすがに息子も耐え切れず、学校でのアンケートでお金をせびられていることを書いたのです。

それが学校に知れて、お金をせびっていた子供達は当然怒られ、もう息子とは遊ばなくなりました。

そして、また不登校が始まったのです。

私の両親が不登校の息子の様子に耐え切れず、不登校専門の学校に入れろ、と言いはじめました。

私はそんな学校に息子を入れる気持ちなんて微塵もありませんでしたが、ある学校のことを思い出したのです。

私が読んでいるブログの方の息子さんが行っている学校のことを思い出したのです。
それは和歌山にあるとても子供のことを考えた自由で自主性を育てる学校でした。
私はそれを思い出して、その学校に電話をしました。
しかし、和歌山の学校では中学校からの入学は出来ないとのことでした。小学校からの持ち上がりのみだったのです。
でも、その姉妹校で福井にある学校だったら中学から受け入れてくれるかもしれない、と教えてくれました。
早速私は福井の学校に連絡をして資料を取り寄せました。でも、やはり中学生を途中から受け入れるのは基本的に出来ないのですが、職員会議を開いて話し合ってみる、と言ってくれました。
その結果、とりあえず、学校訪問をしてみてください、と言われました。

先日、息子をつれて、7時間かけて福井の山の上にある学校に行ってきました。
小学生と中学生が生活しているその学校はとても良い学校でした。
問題があれば、皆で話し合ってかいけつしたり、自分達のやりたいことを1年間かけて学んでいました。
農業をやったり、家を建てたり、劇をやったり、色々なプロジェクトがありました。

息子はその学校が気にいったらしく、福井の学校に行きたいと言っています。
ですが、その前に3泊4日の体験入学をして、先生と生徒が上手くやっていけるとはんだんしたら、入学を許可されるようです。

近いうちに体験入学をすることになりそうです。

子供と離れることは私には辛いことですが、本人が選んで、本人が幸せになれるのなら、私は寂しさを我慢しなければいけないんだろうな、と思っています。

スポンサーサイト
プロフィール

kujiracchi

Author:kujiracchi
バツいち高校2年生の長女と中学2年生の長男と3人、そして猫3匹と一緒に暮らしています。鬱病と友達になってしまって3年がたちます。2回の休職を経て、春にとうとう退職しました。今は自宅でネイルサロンを細々としています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。