スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はいまいち
今朝目が覚めたときには、最悪の気分でした。
昨日2時ぐらいまで眠れなくて、目が覚めたのが5時だから、
3時間ぐらいしか寝てないからすっきりしないのは当たり前でしたが、
自分が何をしたらいいのかわからない、そんな感覚でした。
ここにいていいのかわからない。

慌てて朝の薬と頓服のワイパックスを2錠飲みました。
しばらくして、ワイパックスのお陰か、顔を洗って着替えをすることができました。

午前中はベッドのなかで寝ていましたが、午後になって買い物に出かけました。
ホームセンターに猫砂を買いに行ったのですが、セールになっていたので、
10kg入りを4袋購入。ここら辺で少しテンションが上がったのか、
そのままスーパーへ買い物にいけました。

やっぱり日内変動ってあるのかな・・・

さあ、これから掃除機でもかけようかな。
(もう夕方の4時半なのに・・・)

あっ、朝から歯を磨いていなかった。ヤバイ。
スポンサーサイト
入院
またODをしてしまいました。
わたしなんかいないほうがいいんだ、なんて思ってしまって衝動的に薬を大量服用。
息子が救急車を呼んで救命センターに運ばれました。
救急車のなかで血圧を測ったのを見たら上が88でした。
私死ぬのかな・・・って思ってしまいました。

病院に着いたら半分意識朦朧としているなかで、活性炭をコップいっぱい飲まされました。
それからは意識はありません。心電図やらいろいろされたようですが、
気がついたときは夜中だったとおもいます。
救命センターなので夜でも部屋の電気がついているので何時なのかも全然わかりませんでした。
家族には1週間の入院といわれたらしいのですが、
一晩で退院となりました。
看護師さんにどうして1週間の入院が1日だけになったんですか?と聞いたら
肝臓の数値が良いからだと言われました。
通常ODをすると肝臓がダメージをうけるからほとんど1週間から2週間は入院なんだそうですが、
一晩で退院できるのは珍しいといわれました。

かかりつけの病院宛の封書を預かったので、退院したらすぐにかかりつけの病院に行ってきました。
私は抗鬱剤や精神安定剤を合計63錠飲んだらしいです。
先生にも怒られて、こんなことをしていると自立支援も受けられなくなりますからね、と言われてしまいました。

今度こそ本当にODをしないと心に誓いました。
家族にも迷惑をかけたし、無駄な入院費用もかかり、もう少し自分がしっかりしなくてはいけないと思いました。
注射
あまりにも鬱状態が酷いので、娘に病院に行ってくれば、と言われ、
診察時間ぎりぎりで病院に行ってきました。

先生に会ったら思わず涙があふれてきて、自分の存在理由が見つからなくて
消えてしまいたい気持ちで、いっぱいな事。
歯も磨けない、顔も洗えない、外にも出られない、ご飯も作れないと
現在の状況を伝えたら、注射をすることになりました。

何の注射かわからないけど、たぶん抗鬱剤の注射なんだと思います。
看護婦さんが痛いですよ、と言ったんですが、本当に痛かった。

家に帰ってきてからすぐにベッドに横になっていたら、だんだん気持ちが
落ち着いて来たような気がして、鬱々とした気持ちが薄らいだ感じです。

あまりにも早く寝すぎてしまったので、夜中に目が覚めてしまって、
久々に日記を書いています。

注射ってどのくらいの時間もつんでしょうね。
また明日元に戻っていたら嫌だな~。
ジェルネイル
実は、私の母が心臓の手術をしました。
手術をした病院は東京の榊原記念病院と言うところで、
心臓の手術では日本一といわれている病院です。
田舎からわざわざ東京の病院を選んだのは、やはり心臓の手術というのはリスクが高いし、
地元の総合病院よりも、心臓専門の病院のほうが安心だと思ったからです。

手術の時は私は近くのホテルに宿泊しましたが、術後は練馬に住む兄の家に泊まらせてもらいました。
私はまったく知らなかったのですが、兄のお嫁さんがカルジェルの勉強をして、自宅でお客さんをとってジェルネイルの仕事をしていたのです。まだ小学生と幼稚園の子供がいるので、1日3人くらいしかお客さんはとっていないらしいのですが、なんと3000円くらいでネイルジェルをしているので、口コミでドンドン広がって月曜から金曜まで予約がびっしりなんだそうです。

泊まっている間兄嫁が私にネイルをしてくれるというので、生まれて初めてジェルネイルをしてみました。親指と右手は薬指に、左手には中指にスワロフスキーをつけてもらって、素敵に出来ました。
私はいつも爪は短くしているので、短いままネイルをしてもらったのですが、短くてもいいんですね。
私の中ではネイルって長い爪のイメージがあったので、自分には、無理だな~って思っていたので
意外でした。私も兄嫁から情報をもらって、9月からカルジェルの講習を受けることにしました。
自分で出来るようになったら、楽しいだろうな~。
今からワクワクです。
SBSH00621.jpg
会社に行ってきました
先日休職延長の診断書を会社に提出するときに、10月ごろには復帰したい、なんて書いてしまったので、会社のほうで、社内にあるEAP相談室のカウンセラーの予約を取ってくれました。
復職に向けては、必ずカウンセラーと話をして状況を確認することになっているんです。
会社側はカウンセラーに会う前に、会社の人事担当者に会って欲しい、と言われました。
もし、それが無理なら、直接カウンセラーの部屋へ行ってそのまま帰ってもいいとも言ってくれました。

この話を医者に話したら、10月復帰って書いたのは無理があったんじゃないの~。といわれてしまいました。確かに自分でも書いて提出した後、医者に相談もせずに勝手に自分で10月復帰なんて書いてしまって、いけなかったな~と反省していました。

当日、ぎりぎりの時間まで会社の人事担当者に断りの電話を入れようかとも思ったのですが、正直にありのままの自分の様子を見てもらったほうがいいのかもしれない、と思って勇気を出して会ってきました。
人事担当者は「あまり調子良さそうじゃないね~」と私の顔を見るなり言っていました。私も正直に「医者に相談せずに10月復帰と書いたんです」、といいました。人事の人は焦らず本当に良くなってから復職して欲しいから、焦らないで、と言ってくれました。

カウンセラーの先生は私に休職を勧めてくれた先生だったので、お会いした途端、なぜだかわからないけれど、涙があふれ出てしまいました。
カウンセラーの先生には、10月復職と書いたのは自分の勝手な判断で、医者の了解は得ていないことを話しました。
そして、ODのこと、救急車で運ばれたことも正直に話しました。

それからは、私の生い立ちからいままでのことをすべて話しました。
自分がACなのかはわかりませんが、先生はその生い立ちから鬱病にいたったのだと判断したようです。
1時間以上カウンセラーの先生と話をして、なんだか少し胸の中がスッキリしたような気がしました。
来月もカウンセリングをしてくれるということなので、正直言って嬉しかったです。

私の生い立ちについては今度書きますね。
プロフィール

kujiracchi

Author:kujiracchi
バツいち高校2年生の長女と中学2年生の長男と3人、そして猫3匹と一緒に暮らしています。鬱病と友達になってしまって3年がたちます。2回の休職を経て、春にとうとう退職しました。今は自宅でネイルサロンを細々としています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。